水無月(みなづき)

水無月(みなづき)

六月のことを水無月と言います。
京都では、六月三十日にで水無月という和菓子を食べる習慣があります。
それは、氷室と呼ばれる貯蔵庫に保存しておいた氷を食べる
「氷室の節句」が、今に受け継がれたものです。
当時、御所の公家集は夏の暑い時期、食べて無病息災を願っていました。
医学の未発達な時代ゆえに、病疫が起こりやすい
夏を乗り越えるのは、決して簡単なことではなかったはずです。
また、六月三十日と言えば、
京都・上賀茂神社をはじめ周辺の神社で、
この半年の穢れを払い、続く半年の無病息災を願う
「夏越の払」の行事が行われます。
そうした由来から、水無月の形は氷のかけらを表し、
添えた小豆は魔除けを意味します。